FC2ブログ

2015年12月8日 気が付けば師走 やばくない?

バタバタのうちに、気が付けば坊さんや先生が走る12月。
焦りまくった玉ねぎの植え付けも、今日最終の植え付け準備を終えて、
次の木曜の植え付けで
なんとか終われそう。今年も、機械製作は間に合わず、人力の植え付け。
でも、機械製作も相当いいとこまで来たんで、3月のジャガイモには間に合いそう。
みんな!もうすぐ楽になるからもうひと踏ん張りがんばろうね。と、
なんど発破を掛けたことだろう
「本当にできるんすか?」と揶揄されてきた、マルチ植え付け君PART2。
マラソンでいえば、スタジアムに入って、最終コーナーを曲がって直線に
かかったあたり。
ゴールテープは目の前です。(だと思ってる いや願ってる いや切望している)
僕は、農業の活性化のカギは機械化しかないと思っている。
少ない人で、売り上げを上げる。
もちろん、集約大規模農業は、それなりに機械化が進んでいるが、小規模であっても
必要不可欠なのである。
それも、人をアシストする機械。いや、ロボットに近いものが必要なのだ
元来、農業は人間に、きつい姿勢を長時間強いる。背中の曲がったおばーちゃんの姿勢は
農作業時は最適な姿勢になってしまう。

こうした辛さからの解放。これさえ成り立てば、元来、土いじりは好きという人は多いから
まだまだ、1次産業に人を呼び戻せると思っている。
かご一杯のリンゴを、人間がひょいと持てたり、大量の苗の植え付けが一人でこなせたり
重いジャガイモの収穫が、70歳越えのおばあちゃんでやり切れる

こんなことが可能になれば、2%をきってきた農業人口でも太刀打ちできるようになるし
今後ますます問題になってくる、シルバーエイジの再就職先にもパワー不足や体力不足
を考えなくてよくなるので、うってつけである。

この話をすると、大抵機械を導入したって元なんてとれないといわれます。
J○や大手スーパーに買いたたかれ、作れないから少ない販売量という
ことをベースにしていては、いつまでたっても変わりません。
人手をかけずに、多くを作り、皆さんが最終的に買う値段が農家に入る。
このことができれば、収入はすぐに5-6倍になります。
そうなれば、機械の導入メリットは計り知れないと思うのですが
ま、実際に僕らが手本を示すしかないと思っているんですけどね。

生き生きした農家が増えれば、若者にも農業が魅力的に見え、
若者の最初の就職先に選択してもらえる。
悪い話ではないはずなのだ。なーんてことを夢見つつ、多忙な現実と戦っています

話をお野菜に
今、小島農園は、ブロッコリーにぶち抜かれているカリフラワーの復権をと考えています。
平成22年調査によると、
ブロッコリーは全国で129,200トン生産され、その上大量に輸入もされているのに対して、
カリフラワーは22,500トンと、その2割にも満たない

僕は、基本、冬野菜は冷蔵庫に入れるべきではないと思っているし、マルシェでも伝えて
います。
ブロッコリーは、収穫直後から冷蔵状態を維持し続けないと、すぐ黄化します
それに比べて、カリフラワーは常温保存も可能なのです。

冷蔵技術の発達に伴い、アメリカではガンに効くとうたわれ、緑黄色野菜のブロッコリー
が一気に立場を逆転して、食卓に広まりました。

冷蔵庫に入れない野菜!以外にも、小島農園がおすすめする野菜に共通しているのが
「生食できる野菜!」です
野菜は、本来生食ができるというのが、大前提であります

ブロッコリーも小島農園のは、できないことはないですが、やや青臭い。
「そんなん、カリフラワーかて無理やろ!」
フフフ。あまーーい!
薄くスライスして、食べてみてください!
(僕は、辛子マヨネーズにつけてそのままたべます)
「なに、このシャキシャキした食感!」となり、甘みもありうまいのです。
あと、蒸してアツアツを食べるのもおすすめです。昔の輸入野菜を食べたが故に
野菜嫌いになった人も多いかと思います。グリンピースしかり、カリフラワーしかり
でも、今どきのカリフラワーは実に甘くて、うまいのである。
いずれにせよ。昔のお母さんみたいにクタンくタンに茹でるのをさけ
さっと茹でるのが秘訣
この時期、特に、冬の寒さが甘味をあげるのだ

このおいしいカリフラワーを3色お届けしてますが、そのうちの紫カリフラワーは
ブロッコリーと同じ感じです 花蕾が柔らかく、1分30秒も塩ゆですると
きれいな青に(写真参照)紫残したければ、20秒ほどの塩茹でか蒸
もしくは、生食。

また、カリフラワーの復権を強烈にバックアップするのが、「ロマネスコ」です
フラクタルな形状はなんとも魅力的で、味は完全にブロッコリーを凌駕します
食べ方はブロッコリーと同じでよいです。
カリフラワーの復権は、ロマネスコにかかっているのかもしれません
ぜひお試しあれ
DSC_0114+1_convert_20151208225445.jpg
カリフラワー。ブロッコリー、ロマネスコ

DSC_0115+1_convert_20151208225402.jpg DSC_0116+1_convert_20151208225103.jpg
before                           after 1:30


明日木曜は、津市マルシェ、土曜は甚目寺と大曽根朝市、日曜日はフラリエマルシェ
です
では、週末メニューです。

野菜編
白菜280円 ブロッコリー250円 カリフラワー(白オレンジ紫) 250円~ 
チーマディラーパ(イタリアン菜花) 200円
京人参 240円
サイパンレモン 120~ ゆず 50~
葉物160円(ルッコラ、スイスチャード、チマサンチュ,壬生菜、水菜)
三太郎大根200円 聖護院大根200円~
聖護院かぶ250円 日野菜 100円
赤カブ100円 生姜240円 里いも280円 親芋50円
長ねぎ 200円
やまのいも(200円/100g) 安納芋 240円
煎り落花生 400円/650円

エビスかぼちゃ 350円~ 

加工品編 
紫蘇ジュース 500円
黒豆茶(100,200g)500,900円 茶豆茶(100,200g)300、500円
生姜パウダー500円 1000円 2000円
赤唐辛子 200

お米(新米)
コシヒカリ 天日干し 1800円/2kg 800円/1kg(5kg以上)
コシヒカリ 機械乾燥 1600円/2kg 700円/1kg(5kg以上)
風さやか  機械乾燥 1400円/2kg 600円/1kg(5kg以上)

以下天然酵母パン 
BAQET 280円 カボチャ食パン500円 カンパーニュ(1個、1/4個)1000、350
シナモンレーズンロール 200円  トマトマバンズ200円
ラスク(プレーン)150円 クルミ食パン 1000円


スポンサーサイト



Profile

日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ   石川英樹

Author:日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ   石川英樹
Welcome our Blog!!
私達は、愛知県の弥冨市で
「有機無農薬」の野菜作りをしています。
水耕栽培ではなく、徹底的に土にこだわっています。有機堆肥もぼかし肥料も全て自家製であり、全ての源である土作りに一意専心しております。日々試行錯誤で、少しでも安心安全で旬のお野菜が皆様に届くよう奮闘しています。お野菜、加工品の全国配送も承っております
下記メールにお問い合わせください
mail:
hideki0519@hotmail.com

直近の出店情報

2020年
<店舗販売>
毎日 栄三越
火木土
ピピッと! あいち
わくわく広場 イオン千種
わくわく広場 イオン新瑞橋
おなかすいた モレラ岐阜店
おなかすいた サントムーン柿田川店
<対面販売>
毎週(火) 栄三越 11時~14時30分 たちます
毎月12日 ミーツオガニックマーケットin東別院
毎月21日 興正寺マルシェ
毎月28日 東別院 てづくり朝市

お米の研ぎ方
お米を研ぐコツは「優しく丁寧そして素早くそして研ぎすぎないこと」 お米は研げば研ぐほどお米の表面に傷がつき、ベタベタしてきます
1:ボールにお米をいれてまずは水を入れ(お米の2倍くらい)すぐ捨てます   これを2回繰り返します
2:指を広げ泡だて器の要領で手をいれて20回ほどシャカシャカ混ぜます
3:水を入れすぐ捨てる。またすぐに水をいれて捨てます
4:米が精米後間もないなら、これで十分です。7へ
5:精米後数週間たっていれば、更に10回ほどシャカシャカ混ぜます
6:水を入れすぐ捨てる。またすぐに水をいれて捨てます
7:このまま炊飯器にいれていきます。お米は決して乾かさないこと。   コメが割れやすくなります。(今の炊飯器はほとんど浸水時間は不要です)
8:炊飯に使う水は、ミネラルウォーターか浄水器を通した水がBESTです   ごはんが甘くなります。
9:今のお米は新米でも水加減は一定でOKです
10:炊き上がったら、つぶしたりこねたりはだめです
11:まず炊き上がったら十文字にきり、つぶさないように1/4ずつ混ぜます
12:やさしくふわっとつぶさないようにお茶碗によそって「いただきまーす!」です
13:あまったご飯は冷凍がBEST。熱いままラップをひろげ、その上に薄くご飯を広げます。   ご飯をつぶさないようにつつみ、そのまま急速冷凍してください
14:保存は、冬は暗くて涼しいところに、5月以降は冷蔵庫の野菜室とかがよいですね
小島農園の一押し!

1:インカの瞳
幻の黄金じゃがいも
2:グリンピース
甘さとうま味
3:キュウリ

TOMATO CLOCK
What's time?
記事から探す
御意見・御要望・苦情等

お名前:
Mail address:
題名:
本文:

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

ご来訪者数