スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年6月17日 昨日は芋ほりDAYでした

年々じゃがいもの作付け面積が増え、撒くときは1個ずつなんで大変さも薄れますが
収穫時にはそこに鈴なりにぶら下がって芋ができあがるわけですから単位も軽~く
tという単位になってしまいます。元々機械化された大規模規模農法の北海道の方々から
みるとなにそれ?すずめの涙?的量だとおもいますが、手作業の小島農園には
さすがに2tとかくると、人間の限界が見えてくる量となります。
やってもやっても終わらない的な(泣き)。試に2畝人力でやりましたが、人数時間も半端
なく、腰も痛めてしまいそうに。
で、ついに、思い切ってハーベスター(じゃがいも収穫機)を買いました。
トラクターの後ろに取り付けて、掘ったジャガイモを地面の上に落としていくタイプに
しました。さすがに北海道のようなBIGマシーンではオーバースペック過ぎて(汗)
昨日、午前中は出荷や豆類の整理を行い、午後からぶっつけ本番の芋ほり。
ま、僕らにとっては、たかが機械どうってことないですからね。(自慢かよ?)
ちょっと人間と比較してみましょう。
1畝を掘る速度(50mくらい)
人間:めちゃめちゃ頑張って2時間(文句たらたら) 機械:1分(一言の不満も無し)
さすがに集めるのは人間になりますが、堀起したものを集めるだけですから、3人で
やりきりました。コンテナーをトラクターで運んで完了。さすがに最後はヘッドライトを
点けての作業になりましたが、全然楽でした。
機械と人間がうまく共存していくことが明日の農業の発展に繋がると思います。
小島農園の収穫は通常は朝取り収穫のため、一気に全部収穫は、お米、ジャガイモ、
たまねぎだけとなります。
じゃ、小島農園の定番でもある人参、大根は楽なのか?
確かに数年前は楽でしたが、今では、出荷先が増え大根150本、人参400本とかの日も
ありこちらは洗いもあるため、人間の限界を迎えつつあります。
先ずは洗いの機械を導入し人間の負荷を減らしていき、効率を高めていくしかないです
地球に優しい農業は当然のことですが、人にも優しい農業でなくては長続きしません
ここから夏のギラギラ太陽全開で過酷な外仕事ではありますが、外作業時間を極力減らし
室内での作業を増やすことも大事なことかもしれません。
もちろん露地栽培にこだわる以上外作業が無くなる事は、決してありませんけどね。
ギーラギーラ太陽が(解る人には解ります)

この夏収穫の小島農園新ジャガイモ
1-インカのめざめ
 ジャガイモ原産地アンデスを起源とする幻のじゃがいも。果肉が濃黄色で,小粒で栗のような甘さ
 まずは、蒸かして召し上がってみてね
2-きたあかり
 北海道の線虫発生地域のじゃがいも作りに光をもたらす、という意味で
 「キタアカリ(北光)」と名付けられました。偏球形で皮色は黄白色、目はやや浅くて
 赤いのが特徴。 肉は黄色でやや粉質、ホクホクとしていて甘みがあります。
 でんぷん価が男爵より更に高く、煮くずれ しやすいので、皮付きのふかしいもや
 ベイクドポテト、サラダ、コロッケにむいています。
3-アンデスレッド
 アンデス原産の栽培種を父として色目が赤いことから付きました。
 煮崩れしやすいので、フライドポテト、ポテトサラダ、コロッケ、素あげ等がいいと
 思います。
4-男爵
 明治時代に川田龍吉(かわだ・りょうきち)男爵がイギリスから持ち込んで日本に定着
 させた品種という説が専らです。デンプンが多くホクホクした食感が得られるが、
 煮くずれしやすい。
 このため、粉吹き芋やマッシュドポテト、コロッケなど潰してから使う料理に適してます。
5-メークイン
 生食用品種。大正時代にイギリスから日本に持ち込まれた品種。男爵イモよりも
 ねっとりしていて、煮くずれしにくい。このため、カレーや シチューや肉じゃがなど、
 煮て調理する料理に適してます。
6:デジマ
 江戸時代に外国への窓口であった長崎の出島にちなんで「デジマ」 と命名されました。
 肉じゃがや煮物、みそ汁の実、揚げジャガに適します。秋作なので、ポテトチップ、
 ポテトサラダ、粉ふきいもにも合います

となっております。特にインカのめざめは、もの凄い生命力で一ヶ月くらいで芽が
でてきます。僕らも少な目の量を方々で一気に売りますから、もし見かけたら
かってみてくださいな m(_ _)m




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ   石川英樹

Author:日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ   石川英樹
Welcome our Blog!!
私達は、愛知県の弥冨市で
「有機無農薬」の野菜作りをしています。
水耕栽培ではなく、徹底的に土にこだわっています。有機堆肥もぼかし肥料も全て自家製であり、全ての源である土作りに一意専心しております。日々試行錯誤で、少しでも安心安全で旬のお野菜が皆様に届くよう奮闘しています。お野菜、加工品の全国配送も承っております
下記メールにお問い合わせください
mail:
hideki0519@hotmail.com

直近の出店情報

2017年
<イベント>
お米は、あぐりん村にて販売しています
<毎日>
毎日 栄三越
火木土 あぐりん村
<定例>
7/4(火) 栄三越 11時~14時30分 立ちます
7/8(土) 大曽根朝市
7/9(日) フラリエマルシェ
7/11(火) 栄三越 11時~14時30分 立ちます
7/12(水) ミーツオガニックマーケットin東別院
7/18(火) 栄三越 11時~14時30分 立ちます
7/21(金) 興正寺マルシェ
7/23(日) フラリエマルシェ
7/25(火) 栄三越 11時~14時30分 野菜のみ
7/28(金) 東別院てづくり朝市

お米の研ぎ方
お米を研ぐコツは「優しく丁寧そして素早くそして研ぎすぎないこと」 お米は研げば研ぐほどお米の表面に傷がつき、ベタベタしてきます
1:ボールにお米をいれてまずは水を入れ(お米の2倍くらい)すぐ捨てます   これを2回繰り返します
2:指を広げ泡だて器の要領で手をいれて20回ほどシャカシャカ混ぜます
3:水を入れすぐ捨てる。またすぐに水をいれて捨てます
4:米が精米後間もないなら、これで十分です。7へ
5:精米後数週間たっていれば、更に10回ほどシャカシャカ混ぜます
6:水を入れすぐ捨てる。またすぐに水をいれて捨てます
7:このまま炊飯器にいれていきます。お米は決して乾かさないこと。   コメが割れやすくなります。(今の炊飯器はほとんど浸水時間は不要です)
8:炊飯に使う水は、ミネラルウォーターか浄水器を通した水がBESTです   ごはんが甘くなります。
9:今のお米は新米でも水加減は一定でOKです
10:炊き上がったら、つぶしたりこねたりはだめです
11:まず炊き上がったら十文字にきり、つぶさないように1/4ずつ混ぜます
12:やさしくふわっとつぶさないようにお茶碗によそって「いただきまーす!」です
13:あまったご飯は冷凍がBEST。熱いままラップをひろげ、その上に薄くご飯を広げます。   ご飯をつぶさないようにつつみ、そのまま急速冷凍してください
14:保存は、冬は暗くて涼しいところに、5月以降は冷蔵庫の野菜室とかがよいですね
小島農園の一押し!

1:インカのめざめ
幻の黄金じゃがいもで男爵いものおよそ5倍の甘さ
2:スティックセニョール
花蕾はブロッコリー軸はアスパラとして食べられます
3:キュウリ、ズッキーニ

TOMATO CLOCK
What's time?
記事から探す
御意見・御要望・苦情等

お名前:
Mail address:
題名:
本文:

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

ご来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。