スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月2日 FACEBOOKにはUP済ですが、稲刈り始まってます

IMG_20130929_120758_convert_20131002215439.jpg IMG_20130929_120719_convert_20131002215525.jpg IMG_20130930_171636_convert_20131002214553.jpg
before 刈り取り      under 刈り取り     ハザガケした天日干し風景 after 刈り取り

この前の土曜日から稲刈りが始まりました。
今年は、お米が「こしひかり」「キヌヒカリ」。もち米が「十五夜」。他、赤米、黒米
となっていますが、全て豊作ですね。
実は、今日でハザガケは終わる予定でしたが、朝から写真にある「バインダー」という
稲刈り機の調子が悪く、修理に1日かかってしまい、明日仕切り直しです。

この超レトロな機械、当然部品もなく修理も自分たちでするわけですが、なかなかメカニック
な機械で、分解も興味津々。へー!とか感心してるうちに、時間がたってしまうという悪循環
というわけのわからない理由で、修理に夕方までかかってしまったんですけどね(汗)
明日は頑張るぞ!

去年断念して半分機械乾燥でしたが、今年はALL天日干し。
はざがけも1段にして楽にかけられるようにするとともに、風の影響を少なくする作戦に。
台風がせまっているので、結果はすぐでそう。(去年はハザが倒れましたから)

天日干しって普通とどうちゃうの?って方のために、すこし説明しますと
まずは、一般的な収穫から玄米までの工程は、
1:コンバインという刈り取りと脱穀を一度に出来る機械で収穫
2:乾燥機に入れ、半日から1日程度で強制的に乾燥させます
3:もみすり
4:選別でサイズ不良を弾く

では、天日干しは
1:手狩り、もしくはバインダーという機械で刈り取り
2:ハザといわれる、稲干し竿をつくり、刈った稲をかけていく。上記写真
  期間は2~3週間
3:脱穀といって稲から籾だけを外します
4:もみすり
5:選別ですが、小島農園の場合は色彩選別機を通して、完全にくず米を除去します

どうですか?もみすり以降の工程は同じですが、一番の違いは
乾燥するとき、もみだけの状態で高速に乾燥機にかけるか、稲についた状態でゆっくり
太陽にあてて乾燥させるかです。 アジの干物を天日干しと機械乾燥のどちらが好き?
みたいな感じですね。好みはありますが、大抵は天日干しのが甘味もありおいしい干物
ではないですか?

一般的に、天日干しの効果は、おこめがおいしくなるといわれていますが、理由としては
1:稲は刈り取られた後も生きており、籾殻などの養分がゆっくり籾米に浸透て美味しくなる
2:稲は刈り取られた後でも光合成を行なっており、旨味成分などがじっくり籾米に浸透するから
3:稲を逆さまに吊るすことで、稲穂の油分や栄養分 甘みが最下部の米粒へ降りていく
ということになってはいます。

野菜ソムリエ的には、おいしさというあいまいな表現はご法度になっていまして、使用したくないし
漠然としていて個人差ありすぎですよね。で、ここは一つ、小島農園のお米を是非一度試して
いただき、合点していただきたいです。そのうえで、天日干しの良さを各個人の方々が、
評価し、リピーターになっていただけると、作り手としてはこの上ない喜びです。

まだまだ、玄米になるためには時間を要しますが、しばしおまちください。
また、この後の脱穀風景見てみたい方や、手伝ってみたい方も遠慮なさらずメールください。
では m(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ   石川英樹

Author:日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ   石川英樹
Welcome our Blog!!
私達は、愛知県の弥冨市で
「有機無農薬」の野菜作りをしています。
水耕栽培ではなく、徹底的に土にこだわっています。有機堆肥もぼかし肥料も全て自家製であり、全ての源である土作りに一意専心しております。日々試行錯誤で、少しでも安心安全で旬のお野菜が皆様に届くよう奮闘しています。お野菜、加工品の全国配送も承っております
下記メールにお問い合わせください
mail:
hideki0519@hotmail.com

直近の出店情報

2017年
<イベント> 3月25日、26日 白鳥庭園 観桜会 花見茶会
  着物で来場の方は入園無料!
お米は、あぐりん村にて販売しています
<毎日>
毎日 栄三越
火木土 あぐりん村
<定例>
3/7(火) 栄三越 11時~14時30分 立ちます
3/11(土) 大曽根朝市
3/12(日) ミーツオガニックマーケットin東別院 欠席
3/12(日) フラリエマルシェ
3/14(火) 栄三越 11時~14時30分 立ちます
3/21(火) 栄三越 11時~14時30分 立ちます
3/21(火) 興正寺マルシェ
3/26(日) フラリエマルシェ
3/28(火) 栄三越 11時~14時30分 野菜のみ
3/28(火) 東別院てづくり朝市

お米の研ぎ方
お米を研ぐコツは「優しく丁寧そして素早くそして研ぎすぎないこと」 お米は研げば研ぐほどお米の表面に傷がつき、ベタベタしてきます
1:ボールにお米をいれてまずは水を入れ(お米の2倍くらい)すぐ捨てます   これを2回繰り返します
2:指を広げ泡だて器の要領で手をいれて20回ほどシャカシャカ混ぜます
3:水を入れすぐ捨てる。またすぐに水をいれて捨てます
4:米が精米後間もないなら、これで十分です。7へ
5:精米後数週間たっていれば、更に10回ほどシャカシャカ混ぜます
6:水を入れすぐ捨てる。またすぐに水をいれて捨てます
7:このまま炊飯器にいれていきます。お米は決して乾かさないこと。   コメが割れやすくなります。(今の炊飯器はほとんど浸水時間は不要です)
8:炊飯に使う水は、ミネラルウォーターか浄水器を通した水がBESTです   ごはんが甘くなります。
9:今のお米は新米でも水加減は一定でOKです
10:炊き上がったら、つぶしたりこねたりはだめです
11:まず炊き上がったら十文字にきり、つぶさないように1/4ずつ混ぜます
12:やさしくふわっとつぶさないようにお茶碗によそって「いただきまーす!」です
13:あまったご飯は冷凍がBEST。熱いままラップをひろげ、その上に薄くご飯を広げます。   ご飯をつぶさないようにつつみ、そのまま急速冷凍してください
14:保存は、冬は暗くて涼しいところに、5月以降は冷蔵庫の野菜室とかがよいですね
小島農園の一押し!

1:インカのめざめ
幻の黄金じゃがいもで男爵いものおよそ5倍の甘さ
2:スティックセニョール
花蕾はブロッコリー軸はアスパラとして食べられます
3:キュウリ、ズッキーニ

TOMATO CLOCK
What's time?
記事から探す
御意見・御要望・苦情等

お名前:
Mail address:
題名:
本文:

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

ご来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。